<< 当てにならない国税の電話相談と税理士資格 | main | マイナンバー法は廃案にすべき理由 >>

マイナンバー法は違憲立法

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    マイナンバー法は違憲立法と言われながら、十分な審議もせずに立法化され、運用を開始されている。しかしながら、マイナンバーカードを所有している割合は僅かに国民の8%に留まっている。いまさら、何故、個人情報の鍵となるマイナンバーが必要なのかが、真に国民に理解されていないということである。深夜でもマイナンバーカードがあればコンビニで「住民票」が取得できるというのが国民から見たメリットと言われているが、果たして、そのようなことが国民のメリッットといえるのだろうか?
    今日では、区役所以外でも、例えば駅の近くにある行政コーナーでも早朝から住民票を取得することは可能である。
    つまり、マイナンバーカードは、国民の利便性という視点から見ると、まったくといってよいほど不要な代物である。暗号化されない番号を源泉徴収票や支払調書に記載すれば、たちまち、個人の情報が世の中に漏洩し、知的な悪人によって、安々と犯罪行為に利用されることは明らかである。良識ある国家と言われる英国では、労働党から保守党に政権が変わった際に、人権侵害を理由として制度が廃止されている。また、他の先進国においても、利用範囲の
    制限の方向で検討されてもいる中で、わが国では、世界の先例を考慮すること無く、広範囲にマイナンバーの適用拡大を喧伝しているのは愚かなことと言えよう。全国各地で違憲立法のマイナンバー制度の廃止を求めて訴訟中であり、最高裁の最終的な判断が出されるまでは、積極的な利用は差し控えるべきであろう。そもそもマイナンバーは、
    税収不足を補填するために、個人の財産に関わる情報を名寄せするために考案されたものである。たとえ、実施されたとしても、税収の増加効果は一時的なものである。税収を増加させるには、根本的には、効果のある少子高齢化施策であり、景気浮揚策でなければならないはずであるが、マイナス金利政策など経済学のテキストにもない呆れた施策では、根本的な対策にはならないであろう。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 態度が横柄で、マナー知らずの女性税務署員
      かめ (07/16)
    • 態度が横柄で、マナー知らずの女性税務署員
      aaaa (07/07)
    • 態度が横柄で、マナー知らずの女性税務署員
      延滞 (09/20)
    • 許せないパソコン・プリンター事業の悪徳的商法
      フトシ (01/29)
    • 許せないパソコン・プリンター事業の悪徳的商法
      フトシ (01/29)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      みちる (09/22)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      求ム (09/16)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      沢 (09/10)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      ケイコ (09/02)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      みっくみく (08/28)
    recent trackback
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM