<< マイナンバー法は廃案にすべき理由 | main | 東大の医学部はお荷物 >>

老前破産の現実

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    >日本の平均寿命は世界でも1,2を争うほど高齢化している。少子高齢化という時代から、今では無子高齢化と言われる状況になっている。医学の進歩は、これからも益々平均寿命を引き上げることになることは必至であろう。国民の大半が65歳以上の老人が占めることになり、後期高齢者と言われている75歳が老人となる日も近い。年金の受給開始年齢も70歳に引き上げられる予定である。60歳で会社を定年退職して、年金生活に入るという時代は過去の夢物語になっている。確かに今の60歳は昔に比べると未だまだ若い。過日、逝去された日野原重明氏は75歳をもって新老人とみなし、それまでは大いに働くことを提唱し自ら実践して、105歳をもって天寿を全うされたのは尊敬に値する。しかしながら、年金が受給できる年齢までどうやって生活を維持するかが大問題である。時代が変わったとはいえ、現在の日本において75歳まで働ける社会にはなっていない。生命的には長生きができても、それを支える生活資金が不可欠であるが、年金の受給が70歳、更には75歳にまで引き上げられると、生活保護に頼らざるを得なくなる。生活保護は一見、有り難い社会保障制度に見えるが、実際に受けるとなると、地獄が待っているのである。いわゆる生活保護者に対する行政の“いじめ”が容赦なく行われるのである。生きるも地獄である。老人年齢が引き上げられると、結果的には「老前破産」という状況に追い込まれて自殺者が急増することになる。「無子高齢化」の時代はすぐにやってくる。一強独裁の安倍政権は、国民の姿に目を向けず、自らの野望に邁進するだけでだろう。



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 態度が横柄で、マナー知らずの女性税務署員
      かめ (07/16)
    • 態度が横柄で、マナー知らずの女性税務署員
      aaaa (07/07)
    • 態度が横柄で、マナー知らずの女性税務署員
      延滞 (09/20)
    • 許せないパソコン・プリンター事業の悪徳的商法
      フトシ (01/29)
    • 許せないパソコン・プリンター事業の悪徳的商法
      フトシ (01/29)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      みちる (09/22)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      求ム (09/16)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      沢 (09/10)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      ケイコ (09/02)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      みっくみく (08/28)
    recent trackback
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM