<< 抜本的な少子化対策と行き過ぎた個人情報の保護 | main |

ノーベル賞大学 面目躍如 本庶佑 京大特別教授がノーベル医学・生理学賞を受賞

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    京大特別教授の本庶佑氏が、2018年度のノーベル医学・生理学賞を受賞したことに敬意を表します。何年も前から、今年こそと期待されていましたが、やっと実現し、日本人として誇りに思います。本庶特別教授は、これまでも過去の研究実績に対して、数々の賞を貰っていますが、ノーベル賞は世界最高の賞であり、格別の価値あるものといえます。受賞の報に接した折、誰しもが思ったことは、「またまた東大でなく、京大か!」ということであろう。これまで受験偏差値の高い東大からは、一人もノーベル医学・生理学賞を受賞した者がいないのである。最大の国家予算を交付されている東大の医学部関係者から、なぜノーベル医学・生理学賞の受賞者が出ないのだろうか。これはわが国における人材育成上の大問題でもある。最も偏差値の高い学生を受け入れていながら、独創力のある人材が輩出されてこないのは、国家的な損失ではないだろうか。東大の教育や人材育成に問題があるのではないか、と1983年にノーベル医学・生理学賞を受賞した利根川進氏は文部大臣に諫言したことがある。米国のシカゴ大学は、83人余のノーベル受賞者を輩出しているが、東大からはなぜノーベル医学・生理学の受賞者が一人も出ないのか、ということが象徴的な問題であろう。中高一貫校の中でも偏差値の高い者が、東大の理科三類を受験している。しかしながら、合格者の中で、真に医学を極めたいという志をもった者は、入学者全体の20%と言われる。理科三類に行くのは、偏差値が最も高いというのが、受験の動機である。かって、天皇の心臓の手術をした者は、日大の医学部を三浪して入った順天堂大学医学部教授の天野篤教授である。最早や東大には臨床の名医と言われるような医師は存在しなくなったのである。本庶佑特別教授のように、好奇心あふれる非凡な探究心と情熱をもった人間は今日の東大には存在していないのであろう。わが国の医学界をリードしているのは、京大>阪大>慶應大>東大の順であると言われている。東大のあり方を根本的に改革しなければ、わが国の学問の進歩はあまり期待できないのである。




























    、span>

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 態度が横柄で、マナー知らずの女性税務署員
      かめ (07/16)
    • 態度が横柄で、マナー知らずの女性税務署員
      aaaa (07/07)
    • 態度が横柄で、マナー知らずの女性税務署員
      延滞 (09/20)
    • 許せないパソコン・プリンター事業の悪徳的商法
      フトシ (01/29)
    • 許せないパソコン・プリンター事業の悪徳的商法
      フトシ (01/29)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      みちる (09/22)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      求ム (09/16)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      沢 (09/10)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      ケイコ (09/02)
    • 大学の原子核工学は何を研究しているのか?
      みっくみく (08/28)
    recent trackback
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM