<< トランプ大統領メラニア夫人の脚組みはマナー違反 | main | 放火犯 東大女子学生 第4のクズ人間 >>

日本で一番偉い人は誰か?

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    かっての大日本帝国憲法(明治憲法)下においては、天皇が国を統治する権限を有していたことから、文字どうり天皇が一番偉い人であったと言える。しかし、現代の日本国憲法では、天皇の地位は「日本国の象徴」としての地位にあり、憲法上、「もっとも偉い人」ではない。天皇の国事行為は、内閣の助言と承認」によって行うことが憲法で規定されている。民主主義の根幹は、主権在民であり、三権分立にあると言っても良い。選挙で選ばれた議員が国会を構成し、内閣を構成している。憲法第41条において「国会は、国権の最高機関」であると規定している。また第67条において、「内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。」としている。これらのことから、国会を構成する衆議院・参議院の最高責任者である議長が「日本国で最も偉い人」と考えるのが至当であろう。最近、安倍総理の言動を見ると、まるで内閣総理大が国民の代表であるかのような振舞いである。官邸で全てのことを決めて実行するならば、国会や政党は存在する意味は薄れてしまう。、「内閣が全て決めて政治を動かすような状態であるならば、自民党は存在する意味はない。」と発言した小泉進次郎氏の意見はもっともなことである。民主主義の根幹ともいえる「三権分立」は今日の日本で本当に機能していると言えるのであろうか、極めて疑問である。内閣は、あくまで行政機関であって、「法律を執行し、国務を総理する」のが本来の役割である。しかしながら、実際はというと、国会は形骸化しており、内閣のなすがままである。安倍独裁政権のもとでは、国会は、単なる形式的に法律を審議するだけの名ばかりの機関である。国会の議長は、政治家としての役割を終えた人の名誉職に成り下がっている。本来ならば、日本で最も偉い人は、国会の議長であるはずであろ。平成天皇の退位、今上天皇の即位を始め、改元や皇室行事に関わる場面での安倍総理の突出ぶりは誠に異常である。安倍晋三は、都市伝説によれば、朝鮮の李王朝の血流とされる少数民族の在日帰化人であると言われている。父親の安倍晋太郎
    は、常々、「俺は朝鮮人である」と漏らしていたそうである。確かに安倍晋三は、山口県熊毛郡田布施町の朝鮮部落の出身であり、韓国の統一教会とも深い繋がりがある。一説によれば、フリーメーソンのイルミナティの代弁者だとも言われている。果たしてこのような怪しい噂のある人物が、日本における「最も偉い人」なってもに良いのだろうか?令和時代の天皇が、安倍晋三の下座に位置していいのだろうか?

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM