<< 被災者無視の安倍政権 | main | 憂鬱なノーベル賞ウイーク 韓国と東大 >>

日本の人口削減計画の闇

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    世界の人口は77億人と言われている。インド、インドネシア、アフリカ諸国を初めとする発展途上国における人口増が顕著である。このまま推移すれば、30年後には世界の人口は90億人に達すると見られている。一部の先進諸国を除くと、食料の供給が需要に追いつかず、食糧難が深刻になることが懸念されている。裏社会の指導者(イルミナティ)は、世界の宗教を統一し、世界を一つの国に統一したいという陰謀を企んでいると言われる。裏社会の指導者は、優秀な民族である日本民族を半数に削減したいと願っている。この陰謀計画を実践するべく、着々と実行に移しているが、多くの日本人はこの野望・陰謀にはほとんど気いていないようである。日本人の人口削減の陰謀は、「医」と「食」の2つのルートから秘密裏に進められている。現在、日本人は、二人に一人が「がん」に罹患しており、この傾向は今後更に増える見込みと言われる。「がん」に対しては、「抗がん剤」の投与を始めとする三大標準療法が国家の方針のもとで行われている。とりわけ、「抗がん剤」の投与によって、毎年37万人の患者が死亡しているという現実がある。日本人の「がん患者」を増やし、「抗がん剤」を投与しつづけることで、人口を削減しようとしているのが、イルミナティの一つの狙いであると言われている。2つ目の人口削減策は、食を通じての陰謀である。すなわち、日本人が食する農産物を、農薬まみれのものにしたり、遺伝子組換えのものにすることにより、じわじわと病人に駆り立てていくという陰謀である。戦後の食糧難の時代は、農薬の使用により、量産化することが命題であったが、高度成長を遂げてからも、日本の農産物は、農薬や化学肥料によって栽培されている。遺伝子組換えやゲノム編集された農産物の拡大によって、日本国民の大半は、毒物が参入された食品の摂取を強いられているのがわが国の現状である。
    /strong> 懇願剤

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM