<< 憂鬱なノーベル賞ウイーク 韓国と東大 | main | スポーツの祭典に見るグローバル化 >>

やる気が見えない安倍晋三ぽんこつ内閣

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    第4次安倍改造内閣には、ただただ呆れるほかはない。成蹊大学の劣等生であった安倍晋三よりも、偏差値の低い人間ばかりを集めた文字道理の「ぽんこつ」内閣である。内閣に取り込まれた小泉進次郎は、本来的に無能者であることが、大臣に就任してから、暴露された。考えてみれば、Fランクの関東学院大学を修了した後、コネでコロンビア大学院を修了しているが、本物ではない。多少、英語が話せるものの、米国では乞食でももう少しましな英語を話す。安倍内閣の各閣僚は、ほぼ全員が日本会議や統一教会に所属しているいわばカルト集団といっても過言ではない。彼らの目的は、日本を破壊し、日本人を長期的に滅殺することであると言われる。YOUTUBERに言わせれば、安倍晋太郎や安倍晋三は朝鮮の第16代李王朝の末裔である。小泉純一元総理を含めて、ここ10年は、朝鮮人血流の反日政治家が日本の政界を牛耳っているのは如何なものであろうか。このまま放置すれば、日本が破滅する日はそんなに遠くはない。最近の台風15号や直近の19号に対する安倍政権の認識や対応は、全くと言ってよいほどに冷酷そのものである。戦後最大の台風の襲来により、甚大な被害を被ったにもかかわらず、「この程度の被害に収まったのはまずまずである。」とピントはずれのコメントを出した自民党の二階幹事長は最早や政治家としての見識もなく、政権与党の責任者としては失格である。トランプ大統領の要請をしくしくと実行しているだけの植民地政治はもう沢山である。これからの救国政治家は山本太郎しかいないのだろうか。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM